2022.8月号vol.64

むし歯治療は銀歯?それともセラミック?

多くの方が、これまで一度はむし歯治療の経験があると思います。

過去のむし歯治療では、どのような治療を受けたでしょうか?

むし歯治療を受けた歯には、プラスチック素材の詰め物や、銀歯やセラミックの被せ物がついています。

プラスチック素材の被せ物は、小さなむし歯治療で使う素材で、白く目立ちにくいのが特徴ですが、材料が安定せず大きなむし歯治療では推奨されません。

大きなむし歯治療の場合は、保険適用の銀歯か保険適用外のセラミック素材での被せ物になります。

銀歯そのものは壊れにくく高い強度がありますが、その高い強度のせいで噛み合わせの力がそのまま歯の根まで伝わることで、歯が割れてしまう場合があります。

セラミック素材は、本来の歯と同程度の強度と、自然な歯を再現できる美しさがあります。

では、銀歯とセラミックでは、治療後の歯にどのような影響があるのでしょう?

右ページで詳しくお伝えしますので、今後の治療法の選択に参考にしていただければと思います。

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。