2022.6月号vol.62

マイクロスコープ導入

先日、当院にマイクロスコープを導入しました。

マイクロスコープは、最大20倍まで拡大した視野で患部を診ながら治療を行うことができ、より高精度な治療が可能になります。

マイクロスコープは、現在の医療分野では、脳神経外科や眼科など多くの科で導入されていますが、歯科ではまだまだ普及率が低く、全国でわずかな歯科医院にしか導入されていません。

マイクロスコープでの治療は、モニターに映し出すことができるほか、撮影した画像や動画は、患者様への治療説明資料としても活用することができます。

マイクロスコープを使用する代表的な治療に「歯の根の治療」があります。

歯の根には、神経が通っているため、歯の根の治療は、治療する歯の寿命にも影響する重要な治療分野の一つです。

むし歯になると、むし歯菌は少しずつ歯の内部中心にある神経に向かって進行していき、神経がむし歯菌に感染してしまった場合の治療が「歯の根の治療(歯内療法)」になります。

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。