2022.5月号vol.61

明石市立高丘中学校の学校医になりました

この度、あきやま歯科クリニックは、明石市立高丘中学校の学校医に任命をいただきました。

学校医の主な活動には、学校歯科健診があります。

学校に歯科医師が来て、お口の中を順番に検査してもらった経験があるかと思います。

学校検診の歴史は、大正時代から始まっており、この頃に地元の歯科医師と連携して行う学校が出てきました。

昭和になるとこのような活動は活発になり、戦後ますます広がりました。

現在は、各自治体に主体が移り、独自の取り組みで学校健診が行われています。

子どもたちのお口の問題を早期に発見し、解決するきっかけとなる学校検診ですが、日頃からお口の状態を確認してもらえる「かかりつけの歯科医院」をみつけることが理想的です。

定期的に歯科医院でお口の健診や歯磨き指導を受けることが、お子様の将来にわたっての健康な歯を守ることにつながります。

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。