2021.6月号vol.50

治療を繰り返し歯を失うデススパイラル

歯は何回も治療できないことをご存知でしょうか?

一度治療を受けた歯は、数年後には再びむし歯になることが多く、繰り返しむし歯を削る治療を受けることになります。

このように数回のむし歯治療を繰り返すことで、やがて歯を失ってしまい、この過程を示したのが上イラストの「デススパイラル」と言います。

銀歯(保険適用)のむし歯治療を受けた歯は、平均5~6年で再びむし歯となり、再びむし歯の治療を受けるというデータがあります。一方、セラミック治療(保険適用外)を受けた歯は、17年後にも90%以上の歯の生存が認められているというデータがあります。

再治療までの期間が長くなることで、人生100年時代の現代において自分の歯で健康的に過ごすことができる可能性が高まります。

自分の歯がしっかり保たれることで生活習慣病や認知症などのリスク軽減になり、全身の健康維持にも繋がります。

当院では、むし歯が繰り返されることがないように、治療後には定期的なお口のメンテナンスによってむし歯の原因となる細菌を取り除くほか、治療ではむし歯の再発リスク軽減に繋がるセラミック治療を推奨しています。

データ引用:Long-term clinical results of chairside Cerec CAD/CAM inlays and onlays: a case series Otto, T ; Schneider, D

コメントは受け付けていません。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。