2020.3月号vol.36

全身から診る歯周病治療

1月19日(日)2月16日(日)は、大阪で開催された歯周病治療についてのコースセミナーにスタッフとともに参加しました。

成人の8割がかかっている歯周病は生活習慣病の一つにもあげられており、歯を失う原因の第一位となっています。

歯周病の原因は細菌であるため、毎日の正しい歯磨きや、歯科衛生士による歯石の除去やお口のクリーニングによって、お口を衛生的に保つことが一番大切と考えられてきました。

しかし、近年ではお口の健康と全身の健康が深く関わっていることから、歯周病をコントロールするにはお口の中を衛生的にするだけでなく、タバコなどの生活習慣や体の抵抗力など全身の状態も診ることが重要になっています。

慢性疾患である歯周病の改善のためには、長期的にお口の細菌をコントロールしていくため、当院ではしっかりと患者様一人一人のお口の写真を撮り、歯ぐきの検査・記録をおこない過去と現在の状態を常に把握することで、想定される将来に対して最善のケアを届けていきます。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。