2019.10月号vol.31

日本ヘルスケア歯科学会 認定歯科衛生士

当院の歯科衛生士「松﨑」が、日本ヘルスケア歯科学会の認定歯科衛生士資格を取得することができました。

日本ヘルスケア歯科学会は、ムシ歯や歯周病など歯科疾患を未然に防ぐ『予防歯科』の発展と推進活動を目指した学会です。

認定歯科衛生士資格を取得するためには、全6回の研修を受け、その後はレポートの提出、実技試験、症例プレゼンテーションの試験に合格することが条件になります。

合格率はわずか30%といわれる難関ではありましたが、診療後の練習など日頃の努力が報われたことは大きな喜びでした。

あきやま歯科クリニックは、「安心を伝え・安心を届け・安心を守る」というコンセプトの診療を届けていくため、一人ひとりの患者様の口腔内写真をデータとして管理し活用することで、適切な診療や健康を守るための予防歯科にも取り組んでいます。

日本ヘルスケア歯科学会「認定歯科衛生士資格」取得が、さらにレベルの高い予防歯科を届け、皆様の健康で安心できる生活に繋げていきます。また、松﨑が取得した知識・技術をしっかりチームで継承していくことで、あきやま歯科クリニックの成長にも繋げていきます。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。